スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Alaia アライア サーフボード

2011.02.18(10:27)

Alaia アライア
 
その昔、人はフィンのない木のボードを使って波に乗った。そのボードはハワイでは“アライア”、日本では“イタコ”と呼ばれ、世界各地で似たようなサーフィンが行われていた。しかし形跡こそあるものの、このシンプルなサーフィンは1900年代初めにはほぼ消滅し、そして長い間忘れられていた。
2004年、僕はホノルルのビショップ博物館で初めて古代ハワイのサーフボードを目にし、その卓越した職人技と、美しい形に心を奪われた。オーストラリアに帰ってから、レプリカを何本か作り、そしてまたこのボードに驚かされることになった。このボードでのサーフィンはとても楽しいのだ。こうして僕はアライアの虜となり、僕の情熱はすぐに仲間のサーファーに伝染していった。 
 
 アライアに乗り始めてから数年を経て、ボードの形はたくさんの進化を遂げた。いろいろなシェイプを試すため、まず大きなボードを作り、乗る度に修正を加えていった。最終的に、ボードは僕には小さくなりすぎて、グロメットへあげてしまうことになるが、とてもいい方法なのでシェイパーにはぜひ試して欲しい。
 僕はこれまでアライアのようなボードを知らなかった。このボードを試せば、だれもがその魅力に取り付かれてしまう。人気は急上昇し、今では多くの有名なサーファーがアライアに乗っている。デヴィッド・ラスタビッチ、トム・キャロル、マイク・スチュワート、ダン・マロイ、デレク・ヒンド、トーマス・キャンベル等、名前を挙げればきりがない。彼らのおかげでボードは評判となり、メディアに取り上げられるようになった。でも、僕にとって一番大切なのは、アライアはどんなレベルのサーファーでも楽しめるボードだということだ。
サーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

吉田新一

Author:吉田新一
7月1日生まれ/A型/神奈川県横浜市鶴見区出身/現在、藤沢市在住

日本学生サーフィン連盟(NSSA)に於いて、1986年、87年、88年度の三年連続グランドチャンピオンに輝く。平成元年(1989年)日本大学法学部卒業後、日本サーフィン連盟(NSA)1989年度の級別選手権セカンドクラスで優勝し、日本プロサーフィン連盟(JPSA)関西オープンに於いて3位に入賞、プロに転向。その後、JPSA四国オープン第7位の成績を残し、1991年には、ロングボードのプロ公認も取得する。
また、日本フィリピン間、日本インドネシア間並びに日本台湾間の友好サーフィン親善大使を務め、同時にFMラジオ(7年間)でDJをし、映画配給関連の仕事もこなす。
主な配給映画「エンドレス・サマーⅡ」「メニイ・クラシック・モーメンツ」「ステップ・イントゥ・リキッド」「マリリン・モンロー・ライフ・アフター・デス」他。
2003年度には、海外、中華人民共和国での初代サーフィンチャンピオンにも輝く。
その後、湘南、鵠沼海岸と片瀬海岸にてサーフショップを経営。更に、オーストラリア在住、1988年度のワールドチャンピオンであるバートン・リンチと組み、サーフィン映画「Ra surf across the border stories」を制作、劇場公開、DVD化しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター
携帯電話用の吉田新一のモブログへGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。