スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

トム・ウェグナー最初のサーフ体験と最初のボードの重要性②

2011.02.16(15:48)

最初のサーフボードは・・・
 
ちょうど10年ほど前のことですが、私は皆のサーフィンの様子から、シングルフィンかトライフィンのどちらでサーフィンを練習してきたのか見分けていたものでした。この2つは違ったスタイルを求められます。特に初心者には顕著なことです。最初に学んだスタイルは後々まで染み付くものです。今乗っているボードに関わらず、ボードに立つ様子から見分けがつきます。 シングルフィンはクルージングのスタイルです。足はくっつけ気味で背すじはまっすぐしてます。足首を動かすことでボードがターンして、トリムを通って波を抜ける際が一番安定します。トライフィンは初心者にコントロールしにくく、ターンするには後ろ足をトライフィンの上に移動させなければならないからです。ボードを安定させるために、前足はなるべく前に出すので、なるべく足を広げます。ターンの際にはボードは安定しますが、まっすぐ波を進む際にはそれほどでもありません。ボードに乗ると、安定させるにはなるべく足を広げて腰を落とすべきだということがわかります。トライフィンはターンのため、シングルフィンは滑っていくために適しています。 いままで多くのサーファーが自分と合ってないボードでのりつけて、改良の余地のないようなひどいスタイルが定着してしまう、というのを観てきました。例えば、女性は夫や友達のトライフィンボードをお下がりにもらうことが多いです。トライフィンは有能なサーファーが、テールぎりぎりでターンを決めるように作ってあります。初心者はコントロールを取るためにひどいへっぴり腰になり、ターンをしようとします。一度そうやると、そういうクセがついて、なかなか抜けきれません。私はかつてバイロンベイに居たとき、若い女の子がロングのパーフェクトな波に乗っているのを観ていました。ボードはノーズまでハードなレールで、前に一歩踏み出す度に、アウトレールが水にもぐってしまい、落っこちてしまいます。男性用の大きなボードでなく彼女に合った板を使っていれば、もっと楽しめたはずです。彼女がノーズライディングをマスターしたりするのはもちろん、そういう風に板を安定させることさえできませんでした。 初心者にとって、あまり難しいことを考えないで、ビーチまでロングライドができれば、それはサーフィンの醍醐味を味わったことになります。もっとうまく乗れるようになれば一層楽しくなり、その新しいことをなにかやっているということで、毎朝サーファーは盛り上がったり出来るのです。 私が思うに、初心者には6フィートから9フィート6インチくらいで、基本的なシングルフィンから始めるのが向いていると思います。ロッカーがきつくて、今っぽいロングボードはまあ、後回しにしてください。そうじゃないと、波をキャッチするのに大変でいらいらしてしまいます。まず、しっかりと立って、背筋をまっすぐに伸ばし、ひざを曲げるように言いましょう。このスタイルを保てば、足首からつま先への微妙な体重移動でうまくいきます。これは、応用の利くスタイルで、クロスステッピングもやりやすいです。 以上はとても基本的なことですが、初心者でも簡単にサーフィンの楽しい世界を味わうことができます。あ、もう一つ、サーフィンで熱くなってノってる連中は、初心者が入ってくること、うんざりするものですが、みんな昔は初心者だったのです。あなたは大勢の中の一人、リラックスしてサーフィンを楽しみましょう。
サーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

吉田新一

Author:吉田新一
7月1日生まれ/A型/神奈川県横浜市鶴見区出身/現在、藤沢市在住

日本学生サーフィン連盟(NSSA)に於いて、1986年、87年、88年度の三年連続グランドチャンピオンに輝く。平成元年(1989年)日本大学法学部卒業後、日本サーフィン連盟(NSA)1989年度の級別選手権セカンドクラスで優勝し、日本プロサーフィン連盟(JPSA)関西オープンに於いて3位に入賞、プロに転向。その後、JPSA四国オープン第7位の成績を残し、1991年には、ロングボードのプロ公認も取得する。
また、日本フィリピン間、日本インドネシア間並びに日本台湾間の友好サーフィン親善大使を務め、同時にFMラジオ(7年間)でDJをし、映画配給関連の仕事もこなす。
主な配給映画「エンドレス・サマーⅡ」「メニイ・クラシック・モーメンツ」「ステップ・イントゥ・リキッド」「マリリン・モンロー・ライフ・アフター・デス」他。
2003年度には、海外、中華人民共和国での初代サーフィンチャンピオンにも輝く。
その後、湘南、鵠沼海岸と片瀬海岸にてサーフショップを経営。更に、オーストラリア在住、1988年度のワールドチャンピオンであるバートン・リンチと組み、サーフィン映画「Ra surf across the border stories」を制作、劇場公開、DVD化しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター
携帯電話用の吉田新一のモブログへGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。