スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

鵠沼海岸は、雪!

2016.01.18(21:52)

2016年1月18日の朝!
鵠沼海岸は、雪化粧~
ホワイトビーチになってます!
スポンサーサイト
サーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

映画「ON ANY SUNDAY -THE NEXT CHAPTER-」 オン・エニー・サンデー ザ・ネクスト・チャプター

2016.01.12(22:42)


映画「ON ANY SUNDAY -THE NEXT CHAPTER-」
オン・エニー・サンデー ザ・ネクスト・チャプター

モーターサイクルの世界を探険するドキュメンタリー映画最新作。描かれたのは、アドレナリンと情熱、二輪車にかけた人生を追求する人々である。
「ステップ・イントゥ・リキッド」「ダスト・トゥ・グローリー」が高く評価されたデイナ・ブラウン監督が、父であるブルース・ブラウン監督(「エ ンドレス・サマー」「栄光のライダー」)とチームを組み、人間性やスリル、刺激に満ちたバイク・ライディングという世界共通の文化に深く切り込ん だ一作である。
スティーブ・マックイーン主演の「栄光のライダー」(原題「On Any Sunday」ʼ71年)は、モーターサイクルの歴史に1ページを加えた。「ON ANY SUNDAY ‒THE NEXT CAPTER-」は、伝統を守り、それを次の世代へと渡す映画と言えるだろう。過去40年で世界や我々の生活には大きな変化があっ た。しかし、ライディングへの情熱が変わることは決してないのだと思わされる作品だ。
■監督 デイナ・ブラウン
■製作総指揮 ブルース・ブラウン
■出演 カーリン・ダン、アシュリー・フィオレック、ダグ・ヘンリー、ロビー・マディソン、 マルク・マルケス、ブラッド・オックスリー、トラヴィス・パストラーナ、ダニー・ペドロサ、 ケニー・ロバーツ、ローランド・サンズ、ジェームズ・スチュワート
2014年/アメリカ映画/90分/カラー

【 JAPAN PREMIRE 】
伝説の映画「栄光のライダー」
( 原題「ON ANY SUNDAY」)が甦る !

モーターサイクルを題材にした
ドキュメンタリー映画を特集!
3作品一挙上映!

MOTORCYCLE FILM DAY
2016年1月30日土曜日

場所、渋谷ユーロライブ
(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
■ 上映スケジュール
11:45AM~ 開場

12:00PM~
映画「DUST TO GLORY」

1:50PM~
映画「CLOSER TO THE EDGE マン島 TT ライダー」

3:45PM~
映画「ON ANY SUNDAY-THE NEXT CHAPTER-」

■ チケット
★3作品全てを鑑賞できるチケットです。
前売券 2000 円
当日券 2500 円
前売券購入は、チケットぴあ

"On Any Sunday, The Next Chapter - Official Trailer"
https://youtu.be/I5nglGD8AVI

"The Brown Filmmaking Legacy Lives On - On Any Sunday (teaser)"
https://youtu.be/tyB73bKbR94

映画「ビヨンド・ザ・サーフェイス」Beyond The Surface

2016.01.08(13:58)
びょんど
映画「ビヨンド・ザ・サーフェイス」
Beyond The Surface

SYNOPSIS
インドで初めての女性サーファー、イシタ・マラヴィヤがユニークで才能豊かな女性たちと一緒に旅に出た。メンバーは本作品の監督クリスタル・ソーンバーグ・ホムシィ、プロサーファーのリズ・クラーク、ローレン・ヒル、エミ・コッチ、ヨガ・インストラクターのケイト・ボールドウィン。
「より良い世界を作る」ための南インドの旅・・・そしてサーフィンやヨガ、環境保護活動が地域やそこで暮らす人々に希望を与え、変化を促す様子を記録したのが本作品だ。
インドの色に染まったこのドキュメンタリーでは、エコ・ツーリズム、若者や女性の社会進出、生命中心主義そして個々の成長が取り上げられている。彼女たちはこういった自分たちの主義主張をパーフェクトなインドの波を追いかける旅に融合させた。サーフィンの持つ圧倒的なパワーが、苦しみのうちにいる人々に喜びをもたらすシーンは本作品のハイライトだ。
ドキュメンタリー・スタイルでインドの人々のインタビューを記録した撮影監督のデイヴ・ホムシィは、これまでにSliding Liberia, A Broke Down Melody, El Mar Mi Alma, Dear & Yonder等多くのサーフィンフィルムに参加し、数々の賞をとっている。彼は、インドの人々の物語を世界中のサーファーに伝えるという目的を胸に、この貴重で困難なプロジェクトに16ミリのムービーカメラで挑んだ。
彼らは社会の格差に苦しむ人たちに希望の種を植え付け、声なき人々に声を与えようとしている。同時に自分たちも撮影の過程で自己を発見し、それぞれの経験を語り合い、他の人々や自然との深いつながりを持つことになった。

MESSAGE FROM DIRECTOR
この映画は、これまで見たことのない画期的な旅を捉えたドキュメンタリーです。世界各国の女性たちがひとつになり、インドで最初の女性サーファーたちの物語をシェアしたのです。彼女たちはインドで自分たちが閉じ込められている社会的、文化的境界線を飛び出し、後に続くインドのそして世界中の女性のために目標を掲げたのです。

CAST and CREW
*監督、プロデューサー
CRYSTAL THORNBURG-HOMCY/クリスタル・ソーンバーグ=ホムシィ

ハワイで生まれ育ったクリスタルの一番古い記憶は両親とビーチで過ごした日々だ。彼女は波に乗って成長したと言える。父親がボードに乗ったクリスタルを押してくれ、小学校に入ってからは放課後に母親とワイキキでサーフィンをして過ごした。彼女は優秀なロングボーダーというだけでなく、オールラウンドのオーシャンアスリートだ。これまでアウトリガーカヌー、遠泳、パドルボード、カヤック、ボディサーフィン、フリーダイビング等、数々の競技に参加してきた。ホノルルのチャミネード・ユニバーシティで環境科学とファインアートを学んだ。ワイメア・ヴァレーのオーデュボン協会でボランティアをし、他の環境保護団体でも働いている。
(CONSERVATION PATAGONIA, SAVE OUR SEAS, SURFRIDER FOUNDATION, KOKUA HAWAII FOUNDATION, NORTH SHORE LAND TRUST)。
芸術家肌の両親の下で育ったため、アートはクリスタルの人生でも大切なものだ。陶芸、アクリルや水彩画、コラージュ、写真等、彼女の作品は様々な場所で展示されてきた。7年前、クリスタルと夫のデイヴ・ホムシィは有機農法の菜園をスタートした。友人や家族に新鮮な有機野菜を食べてもらうためだ。それが今日のCRAVE GREENSの始まりだった。
クリスタルは、パタゴニア製品のテストのため世界中を旅し、環境や人権関連のプロジェクトに取り組んでいる。

*共同監督 撮影監督 DAVE HOMCY/デイヴ・ホムシィ
フロリダ生まれのデイヴは、サーフィン映画と写真の撮影をしたいという情熱を持ってハワイに移住した。フィルム業界で20年以上の経験を持ち、SLIDING LIBERIA, SHELTER, A BROKE DOWN MELODY 等のフィルム、ロストやハワイ5−0等のテレビドラマの撮影にも参加している。同じ価値観を持つ人たちと一緒に旅をし、異なる文化を経験するのが彼にとっての理想の生活だ。これまでのところ彼は理想の生活を続けている。

*エグゼクティブ・プロデューサー:フリー・セオ・プロダクションズ DAMIAN HANDISIDES
フリー・セオ・プロダクションズは新しい映画製作会社で、観る者にインスピレーションを与えるフィルム作りを目的としている。人々が自己に目覚め、最終的には個人が環境や人権、文化等の保護に取り組むようになるポジティブなフィルムを目指している。

*ISHITA MALAVIYA/イシタ・マラヴィヤ
海から離れると文字通り陸に上がった魚のように元気を無くしてしまうイシタ。ムンバイで生まれ育った彼女は幼い頃から海に親しみ、夢はいつかサーファーになることだったという。サーフィンはインドでは存在しないも同然だったため、カリフォルニアへ渡りサーフィンを習うことを願っていた。だから、インドでサーフィンを教えてもらうだけでなく、自分がインドの初めての女性サーファーになるなんて想像すらしていなかった。
6年前、マニパルという小さな町の大学でジャーナリズムの勉強をしていた時、彼女の夢が現実になった。生まれて初めて波を捕まえた瞬間、彼女の人生は変わった。大都市ムンバイでのシティ・ライフを捨て、海の近くでのピースフルな暮らしを選んだのだ。パートナーのトゥシャー・パティヤンと一緒にシャカ・サーフ・クラブを設立し、インドで波乗りの楽しさを伝えている。彼女は地元コミュニティで熱心に水中での安全対策を教えているが、それはインドの溺死者の数を少しでも減らすためだ。インドの女性のみならす、世界中の女性そして男性に、性別や人種にかかわらず海の持つヒーリング・パワーを楽しむことを勧めている。

*EMI KOCH/エミィ・コッチ
ライフガードの娘だったエミィ・コッチは幼いころから海に親しんで育った。2歳の時、彼女が乗ったボードを父親が押してくれ、人生最初の波に乗ったという。当然のことながら夢はプロサーファーになること。しかし、高校3年生の時、学校の先生の話を聞いて全てが変わった。それは「世界がもし100人の村だったら」という物語で、世界の人口を100人とした場合、大学教育を受けられるのも、コンピュータを持つことができるのもたった1人しかいないという話だった。この統計を聞いて彼女は自分がその1人であること、恵まれた環境にあることを理解し、残りの99%の人々の為に闘うことを誓った。

高校卒業後はジョージタウン・ユニバーシティに入学。国際政治を専攻し、米国の外交官を目指す。1年生の夏休みにネパールに旅し、仏教の僧侶たちと生活を共にし。ストリート・チルドレンに勉強を教えた。その経験から彼女は残りの人生で自分が何をしたいのかを見つけた。エミィは今でもサーフィンに対する情熱を持ち続け、その情熱と社会正義に対する情熱を1つにする道を探っている。ネパールでボランティア活動をしている時、プロのスケートボーダーが設立した非営利団体のことを知った。彼は自分のスケートボードに対する情熱をアフガニスタンの子供たちを助けたいという情熱と結びつけた。カリフォルニアに戻ったエミィは非営利団体の作り方を調べ、ビヨンド・ザ・サーフェースを立ち上げたのだ。ビヨンド・ザ・サーフェースは彼女が設立した非営利団体で、世界中の海岸沿いの地域での若者のホームレス問題と取り組み、サーフィンというスポーツを通してストリート・チルドレンを助けることを目的としている。ビヨンド・ザ・サーフェースは彼女の夢であり、この非営利団体を発展させより大きな変化を起こせる組織にすることに情熱を注いでいる。

*LAUREN HILL/ローレン・ヒル
サーフィンにおいて、スタイルはサーファーが生まれながら備えている資質と言える。そのため個々のスタイルがユニークなのだ。ローレン・ヒルのサーフィン・スタイルからは優雅さ、謙虚さ、深み、楽しさが滲み出ている。彼女の表現のひとつひとつに意味があるのだ。その質の高いスタイルは、彼女自身のものであると同時にサーフィン界のそして波に乗るというアートの宝でもある。
サーフィンを初めて5年もしないうちにローレンは、2001年度のアメリカのアマチュア・ロングボード・チャンピオンを含むいくつものタイトルを手にした。高校を卒業する時、大学進学かプロのロングボーダーになるか迷うことになったが進学の道を選ぶ。
ステッソン・ユニバーシティで環境と社会科学の学位を取ったローレンだが、在学中にサーフィンに対する情熱と環境保護活動を融合させ、その後サーフィンと持続可能性、ジェンダー問題を横断する論文を発表。彼女の仕事や活動は常にサーフィン文化に関連した海洋保護とジェンダー問題が中心だ。最近では、カリフォルニアの海岸線に沿って18フィートのカヤックで270マイル南下するTRANSPARENTSEA VOYAGEというプロジェクトに参加した。この地域が抱える沿岸の環境問題に目を向けるためのものだ。彼女はWomen for Whales and Surfers for Cetaceansのアンバサダーを務めている。旅と旅の間は、子供時代を過ごしたフロリダ州のサン・オーガスティンと世界有数の波が立つオーストラリアのバイロンベイで暮らしている。

KATE BALDWIN/ケイト・ボールドウィン
ケイトは著名なヨガ・インストラクターで、TRUE UNION, TRUE UNION EVENTSの創設者でもある。彼女のヨガの教え方は強さと優雅さをミックスしたもので、西洋の動きと東洋の哲学を合体させていることは明らかだ。ケイトのスポーツのバックグラウンドと彼女のヨガに対する合理的なアプローチがいっしょになり、パワーと修行法の見事な調和が弱さや自己発見と同時進行しているのだ。10年以上ヨガの実践と研究を続け、ホット・ヨガ、 ホット・ヴィンヤサ、上級ヴィンヤサ、ハタ・ヨガ、ヨガ哲学、バクティ・ヨガ、タイ・ヨガ・セラピー等で免許を取得した。また旅の間に多くのヨガ教師の教えを受け、さらにこの道を極めようとしている。
ケイトはヨガ・バケーションでハワイに滞在中に初めてサーフボードに乗り、それまでとは全く違う新しいヨガの意味を見いだした。サーフボードの上では、存在するということ、そして自然を通じて自己と繋がることができるのだ。彼女はすぐにヴァージニアからハワイに移住し、人生の新しい扉を開いた。ヨガは単なるエクササイズから完全に「生き方」になった。そしてそこにはサーフィンも含まれている。
 ケイトの情熱はヨガを教え、ヨガ・インストラクターを育てることに留まらない。自分が暮らしているコミュニティを強靭なものにすることにも向けられている。既存のコミュニティ・サービスの団体に参加するだけでなく、ケイトはHAWAII SPIRIT FESTIVAL とEAST COAST SPIRIT FESTIVALを組織化しプロデュースしている。このイベントにおける彼女のミッションは、ヨガを広め、同時に集団としての自覚をもってもらうことである。

LIZ CLARK/リズ・クラーク
リズ・クラークはプロのフリー・サーファー、ライター、環境保護に力を入れる冒険家だ。彼女は“スウェル” と名付けた40フィートのヨットで、2005年から航海を続けている。サーフィンが目的の彼女の太平洋探検旅行は18000マイル以上になる。ブログを通して自分の旅を世界中に発信。自分の情熱に生き、自然の中で過ごす時間を増やし、自己認識と成長の大切さ、そして我々が宇宙の中の存在だということを伝えている。

MUSIC
SHUBHA MUDGAL and BUSINESS CLASS REFUGEES
JACK JOHNSON
JOACHIM COODER
ADITI SAIGAL GAMAT

"Holes to Heaven"
by Jack Johnson
http://jackjohnsonmusic.com/

"Space Shells"
by Joachim Cooder & Petra Haden
http://joachimcooder.com/

"Goodnight Max"
by Joachim Cooder
http://joachimcooder.com/

"Bright Light Blue"
by Joachim Cooder featuring Frank Lyon
http://joachimcooder.com/

"Shinkansen"
by Joachim Cooder featuring Jon Hassel
http://joachimcooder.com/

"Day One"
by Joachim Cooder
http://joachimcooder.com/

"Float"
by Aditi Saigal Gamat
aditi.saigalgamat.1@facebook.com

"When I Was"
by Shubda Mudgal, Ursula Rucker, and Business Class Refugees
http://www.earthsync.com/

"Sunrise in Injumbakkam"
from the Laya Project Album
http://www.earthsync.com/

"Sunset in Akkarai"
from the Laya Project Album
http://www.earthsync.com/

"Durga Shakti"
by Craig Kohland and Rara Avis
http://www.craigkohland.com/

"The Coast"
by Rohin Jones
http://www.lofimusic.com/rohin-jones/

"Open Road"
by Roo Panes
http://www.roopanes.co.uk/

"Ambient Ethnic"
by Martijn De Man
http://www.martijndeman.com/

"Indian Morning"
by Chill Purpose

"Mystic Raja"
by Stuart Moore
https://www.facebook.com/pages/Stuart-Moore-Music

"On Your Side"
by Mason Jennings
http://masonjennings.com/


PRODUCTION NOTE
16ミリフィルムで撮影 2014年/アメリカ映画/英語/46分

Beyond The Surface Film
映画「ビヨンド・ザ・サーフェイス」
話題の女性サーフムービー
2016/1/30(土)公開決定!


■ 日時:2016.1.30 (Sat)
■ 開場: 午前9:45~
上映1回目①午前10:00~
上映2回目②午前11:00~
(各回入替制)
■ 前売券 1,000円 当日券 1,300円
■ 場所:ユーロライブ/ 渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
チケットぴあにて前売券発売中!
■ WEB:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1553245
■ TEL:0570-02-9999
■ SHOP:セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

■ 提供・配給 LAID BACK CORPORATION
TEL 0467-25-6260
Email: admin@laidback.co.jp
Web: www.laidback.co.jp

Beyond the Surface - Official Trailer

https://youtu.be/9VTOgT52GDQ
映画「ビヨンド・ザ・サーフェイス」Beyond The Surface | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Beyond The Surface Film映画「ビヨンド・ザ・サーフェイス」

2016.01.07(07:14)


Beyond The Surface Film
映画「ビヨンド・ザ・サーフェイス」
話題の女性サーフムービー
2016/1/30(土)公開決定!

インド初の女性サーファー、イシタ・マラヴィヤが才能豊かでユニークな5人の女性たちと南インドの旅に出た。

メンバーは本作品の監督クリスタル・ソーンバーグ・ホムシィ、プロサーファーのリズ・クラーク、ローレン・ヒル、エミ・コッチ、ヨガ・インストラクターのケイト・ボールドウィン。

彼女たちが取り組むサーフィンやヨガ、環境保護活動が、そこで暮らす人々に希望を与え、変化を促す。

インド色に染まったこのドキュメンタリーでは、若者や女性の社会進出、そして個々の成長がテーマであり、サーフィンの持つ圧倒的なパワーが苦しみのうちにいる人々に喜びをもたらすシーンは本作品のハイライトだ。

同時に自分たちも旅の過程で自己を発見し、経験を語り合い、人々や自然との深いつながりを手に入れていく。

彼女たちはインドで自分たちが閉じ込められている社会的、文化的境界線を飛び出し、後に続くインドのそして世界中の女性のために目標を掲げる。

■MUSIC
SHUBHA MUDGAL and BUSINESS CLASS REFUGEES
JACK JOHNSON
JOACHIM COODER
ADITI SAIGAL GAMAT


■CAST
イシタ・マラヴィヤ 
ムンバイ出身のインド初の女性サーファー。

エミィ・コッチ 
非営利団体「ビヨンド・ザ・サーフェイス」を立ち上げ、サーフィンを通してストリート・チルドレンを助けることを目的としている。

ローレン・ヒル 
サーフィン文化に関連した海洋保護とジェンダー問題を中心に活動しているサーファー。

ケイト・ボールドウィン 
著名なヨガ・インストラクター。

リズ・クラーク 
プロのフリー・サーファー、ライター、環境保護に力を入れる冒険家。

クリスタル・ソーンバーグ=ホムシィ監督・プロデューサー

■ 日時:2016.1.30 (Sat)
■ 開場: 午前9:45~
上映1回目①午前10:00~
上映2回目②午前11:00~
(各回入替制)
■ 前売券 1,000円 当日券 1,300円
■ 場所:ユーロライブ/ 渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
チケットぴあにて前売券発売中!
■ WEB:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1553245
■ TEL:0570-02-9999
■ SHOP:セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗

■ 提供・配給 LAID BACK CORPORATION
TEL 0467-25-6260
Email: admin@laidback.co.jp
Web: www.laidback.co.jp

Beyond the Surface - Official Trailer

https://youtu.be/9VTOgT52GDQ

サーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

サーフ・ドキュメンタリー映画「BEYOND THE SURFACE」 ビヨンド・ザ・サーフェス

2016.01.06(23:16)
びょんど

ムンバイ出身インド初の女性サーファー、イシタ・マラヴィヤがプロのリズ・クラーク、ローレン・ヒルらと南インドの旅に出た。

彼女たちが取り組むサーフィンやヨガ、環境保護活動が、そこで暮らす人々に希望を与え、変化を促す。

MUSIC
SHUBHA MUDGAL and BUSINESS CLASS REFUGEES
JACK JOHNSON
JOACHIM COODER
ADITI SAIGAL GAMAT


サーフ・ドキュメンタリー映画「BEYOND THE SURFACE」
ビヨンド・ザ・サーフェス
2016/1/30(土)日本公開決定!
サーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

吉田新一

Author:吉田新一
7月1日生まれ/A型/神奈川県横浜市鶴見区出身/現在、藤沢市在住

日本学生サーフィン連盟(NSSA)に於いて、1986年、87年、88年度の三年連続グランドチャンピオンに輝く。平成元年(1989年)日本大学法学部卒業後、日本サーフィン連盟(NSA)1989年度の級別選手権セカンドクラスで優勝し、日本プロサーフィン連盟(JPSA)関西オープンに於いて3位に入賞、プロに転向。その後、JPSA四国オープン第7位の成績を残し、1991年には、ロングボードのプロ公認も取得する。
また、日本フィリピン間、日本インドネシア間並びに日本台湾間の友好サーフィン親善大使を務め、同時にFMラジオ(7年間)でDJをし、映画配給関連の仕事もこなす。
主な配給映画「エンドレス・サマーⅡ」「メニイ・クラシック・モーメンツ」「ステップ・イントゥ・リキッド」「マリリン・モンロー・ライフ・アフター・デス」他。
2003年度には、海外、中華人民共和国での初代サーフィンチャンピオンにも輝く。
その後、湘南、鵠沼海岸と片瀬海岸にてサーフショップを経営。更に、オーストラリア在住、1988年度のワールドチャンピオンであるバートン・リンチと組み、サーフィン映画「Ra surf across the border stories」を制作、劇場公開、DVD化しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター
携帯電話用の吉田新一のモブログへGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。