スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

映画「Dear&Yonder」ディア・アンド・ヨンダー湘南藤沢で上映決定!

2010.06.25(13:33)
DearYonder藤沢
映画「Dear&Yonder」ディア・アンド・ヨンダー湘南藤沢で上映決定!

『The Present』のトーマス・キャンベルの妻、ティファニー・キャンベル監督によるガールズ・サーフムービーが登場!!

海をこよなく愛する女性監督二人が、海をこよなく愛する女性サーファーたちをフィーチャー!
海と共に生きる女性たちの魅力溢れるライフスタイルを描き出したこれまでにないサーフ・ムービー!!

【作品紹介】
 ステファニー・ギルモアやソフィア・ムラノヴィッチは、世界トップレベルの女性サーファー。彼女たちがインドネシアの美しく真っ青な海で波を乗りこなすシーンは、見るものの目を釘付けにする。
一方、カリフォルニアやメキシコのパーフェクト・ポイントでカシア・メドー、アシュリー・デイビス、プルー・ジェフリーズが見せてくれるのは、最も新しいサーフィン。ロングボードからクアッドまで様々なボードの可能性に挑戦する。ボディ・サーファーで地球物理学者のジュディス・シェリダンは、その知識を利用してオーシャン・ビーチの容赦ない波に立ち向かう。「新しいことを始めるのに完璧なタイミングなんてない。思い切って自分から飛び込んでみるのよ。それがタイミング。」と彼女は言う。リズ・クラークは最高の波を求めて、風を頼りにたった一人で世界中を航海する。カリフォルニアのアシュリー・ロイドは、大豆を原料としたオリジナルのサーフボードを作り、オーストラリアではベリンダ・バグスがヴィンテージの布を集めてハンドメイドのボードショーツを作っている。女性スケートボーダーによるセグメントも忘れてはならない。
女性サーファーたちが、海を愛し、海と共に生きる姿は、かっこよく、美しく、そして大きな刺激を私たちに与える。

【Japan Tour Version】 2009年/カラー/73分/アメリカ映画

2010年7月11日(日曜日)

19時オープン、20時スタート

1ドリンク付き 1500円

Free Culture

神奈川県藤沢市藤沢556 辰巳ビル

藤沢駅北口 徒歩2分

0466-26-4880

スポンサーサイト
映画「Dear&Yonder」 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

吉田新一

Author:吉田新一
7月1日生まれ/A型/神奈川県横浜市鶴見区出身/現在、藤沢市在住

日本学生サーフィン連盟(NSSA)に於いて、1986年、87年、88年度の三年連続グランドチャンピオンに輝く。平成元年(1989年)日本大学法学部卒業後、日本サーフィン連盟(NSA)1989年度の級別選手権セカンドクラスで優勝し、日本プロサーフィン連盟(JPSA)関西オープンに於いて3位に入賞、プロに転向。その後、JPSA四国オープン第7位の成績を残し、1991年には、ロングボードのプロ公認も取得する。
また、日本フィリピン間、日本インドネシア間並びに日本台湾間の友好サーフィン親善大使を務め、同時にFMラジオ(7年間)でDJをし、映画配給関連の仕事もこなす。
主な配給映画「エンドレス・サマーⅡ」「メニイ・クラシック・モーメンツ」「ステップ・イントゥ・リキッド」「マリリン・モンロー・ライフ・アフター・デス」他。
2003年度には、海外、中華人民共和国での初代サーフィンチャンピオンにも輝く。
その後、湘南、鵠沼海岸と片瀬海岸にてサーフショップを経営。更に、オーストラリア在住、1988年度のワールドチャンピオンであるバートン・リンチと組み、サーフィン映画「Ra surf across the border stories」を制作、劇場公開、DVD化しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター
携帯電話用の吉田新一のモブログへGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。