スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

DVD 「ONE CALIFORNIA DAY」ワン カリフォルニア デイ

2009.12.08(23:01)


↑動画

ポスター画像


20090114013637.jpg
映画「ONE CALIFORNIA DAY」ワン カリフォルニア デイ

南端から北へ、過去から未来へ・・・・・海に漕ぎ出せば、誰もが歴史の一部になれる。                   『エンドレスサマー』『ビッグ・ウェンズデー』『ステップ・イントゥ・リキッド』etc.・・・数々の傑作の流れを汲みつつ、        近年のサーフィン映画最高傑作と評された極上のライフスタイル・ドキュメントがついにDVD化!!

「凄い、まさに脱帽!素晴らしい映像が散りばめられた傑作だ。カリフォルニアの一番いい部分が詰め込まれている!」      -Bruce Brown Films                                                                その圧倒的な完成度で2007年夏、最大の注目を集めた傑作サーフ映画! 

【INTRODUCTION】
1957-現在、過去と未来を繋ぐ、カリフォルニアの“一日”。
 画面いっぱいに広がる西海岸の美しく激しい波と、カリスマ・サーファーたち。『ONE CALIFORNIA DAY』は、サーフ・カルチャーの側面からカリフォルニアの魅力を再発見できるドキュメンタリー映画だ。描かれるのは、特別な“一日”ではなく、カリフォルニアに毎日訪れるいつもと変わらない“一日”。しかし、その一日一日の積み重ねによって歴史は築かれていく。過去から未来へと続く“一日”を通して描かれる、カリフォルニア的ライフスタイルの真髄とは―
 燦々と降りそそぐ太陽の光と青い海――カリフォルニアの美しい風景が映し出されていくうちに、地域によって海岸線の形も波の高さも違えば、そこに暮らす人たちのライフスタイルも異なることに気付くだろう。本作は、サンディエゴ、セントラルコースト、オレンジ・カウンティ、マリブ、サンタバーバラ、サンタクルーズ、サウスベイの7つのスポットに分けてカリフォルニアを紹介していく。ある者は汚染されつつある海でゴミ拾いをし、ある者は先人たちの偉業を讚える……。カリフォルニアに脈々と受け継がれてきた伝統と精神こそが本作のメインテーマ。『エンドレスサマー』『ビッグ・ウェンズデー』『ステップ・イントゥ・リキッド』といった数々のサーフィン映画と比べても、『ONE CALIFORNIA DAY』が最もスピリチュアルな映画である由縁がここにある。
 監督は、ジェイソン・バッファとマーク・ジェレミアス。2003年にサーフィン映画『Singlefin: Yellow』を監督して高い評価を得たバッファが、長年TV番組の制作をともにしてきたジェレミアスとタッグを組んだ。そして、サーフミュージックの人気が年々高まっている中、バッファとジェレミアスが選曲した『ONE CALIFORNIA DAY』のサウンドトラックもアメリカで注目を集めた。あえてメジャーアーティストを避けて、USインディーを中心に構成したのは、やはりカリフォルニアという土地にこだわったからである。
 出演は、各地域を代表する有名サーファーばかり。デヴォン・ハワード、ジョエル・チューダー、クリス・マロイ、アレックス・ノスト、タイラー・ウォレン、ジミー・ガンボア、トム・カレン、デイン・パーリー、タイラー・ハジーキアンなど。さらに、グレッグ・ノール、ランス・カーソン、スキップ・フライといった旧世代の伝説のサーファーたちも登場するのも見どころだ。

【STORY】
旅は、南から始まり、北へと進む。
★サンディエゴ:ワールドツアーに長年参戦していたスキップ・フライが海のゴミ拾いの重要性を説き、ロングボード・チャンピオンのジョエル・チューダーは柔術とサーフィンの共通点を語る。
★セントラルコースト:マロイ三兄弟は、古き良きカリフォルニアの暮らしを体現している。牧場で牛を飼いながら農業を営み、仕事が終われば車で海へと向かう日々を送る。
★オレンジ・カウンティ:若手サーファーのアレックス・ノストとタイラー・ウォレンは、過去のサーファーたちから学ぶことの大切さを力説する。
★マリブ:小麦色に日焼けした陽気なジミー・ガンボアは、マリブスタイルの継承者。父の床屋で髪を切り、ヴィンテージのボードを持って海に出る。
★サンタバーバラ:世界チャンピオンに3度輝いたトム・カレンと弟のジョーは、伝説のサーファーである父パット・カレンの偉大さを誇る。
★サンタクルーズ:デイン・パーリーは、50〜60年代のトレンドを生み出した伝説のサーファー/シェイパー、グレッグ・ノールとの交流を語る。
★サウスベイ:シェイパーでもあるタイラー・ハジーキアンは、ホットロッドに乗って、ある偉大なるサーファーの葬儀へと向かう……。
8人のサーファー、それぞれのライフスタイルから紡ぎ出す、海と人と歴史の物語。

【本編で使用されるサウンドトラック】
THE OCD HOUSE BAND(ZACH SMITH THE BLACKSMITH、LEE FERRIS、PAUL FULLER)                            THE ALBUM LEAF、CASPIAN、AMERICAN ANALOGUE SET、HOPEWELL、WHITE BUFFALO、PINK MOUNTAINTOPS、HEADLIGHTS、MICE PARADE、FRANZ STAHL、DEL REY、GOLDEN

【スタッフ】
監督・脚本・製作・写真:ジェイソン・バッファ『Singlefin:Yellow』、マーク・ジェレミアス『Drive』『Stylemasters』/ナレーション:デヴォン・ハワード

【キャスト】
ジョエル・チューダー、クリス・マロイ、アレックス・ノスト、タイラー・ウォレン、ジミー・ガンボア、ジョー・カレン、デイン・パーリー、タイラー・ハジーキアン、デヴォン・ハワード、ランス・カーソン、トム・カレン、スキップ・フライ、ジェフ・ジョンソン、ダン・マロイ、キース・マロイ、テリー・マーティン、グレッグ・ノール、ジェド・ノール

2007年/アメリカ映画

DVD「ワン・カリフォルニア・デイ」 - 定価¥4,935(税込)

©2007 One California Day, LLC. All Rights Reserved.


スポンサーサイト
DVD 「ONE CALIFORNIA DAY」 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

吉田新一

Author:吉田新一
7月1日生まれ/A型/神奈川県横浜市鶴見区出身/現在、藤沢市在住

日本学生サーフィン連盟(NSSA)に於いて、1986年、87年、88年度の三年連続グランドチャンピオンに輝く。平成元年(1989年)日本大学法学部卒業後、日本サーフィン連盟(NSA)1989年度の級別選手権セカンドクラスで優勝し、日本プロサーフィン連盟(JPSA)関西オープンに於いて3位に入賞、プロに転向。その後、JPSA四国オープン第7位の成績を残し、1991年には、ロングボードのプロ公認も取得する。
また、日本フィリピン間、日本インドネシア間並びに日本台湾間の友好サーフィン親善大使を務め、同時にFMラジオ(7年間)でDJをし、映画配給関連の仕事もこなす。
主な配給映画「エンドレス・サマーⅡ」「メニイ・クラシック・モーメンツ」「ステップ・イントゥ・リキッド」「マリリン・モンロー・ライフ・アフター・デス」他。
2003年度には、海外、中華人民共和国での初代サーフィンチャンピオンにも輝く。
その後、湘南、鵠沼海岸と片瀬海岸にてサーフショップを経営。更に、オーストラリア在住、1988年度のワールドチャンピオンであるバートン・リンチと組み、サーフィン映画「Ra surf across the border stories」を制作、劇場公開、DVD化しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター
携帯電話用の吉田新一のモブログへGO!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。